012912
女子大学生の恋愛って、流れが見えている気がします。私は「大学生」というものが嫌いだったので進学せず就職しましたが、TwitterなりFacebookなりを見ていて、きっとみんな同じような恋愛をしていくんだろうなと思っていました。
まず1年生で飲み会なりバイトに目覚め、遊び尽くす毎日。夜中まで遊んでいられることが楽しくてしょうがない。まだ20歳になってないのに居酒屋に入れたことを、本当は
ホッとしたくせに年確されなくて年取った・老けたのかなとつぶやく。バイトでは深夜にも入れるようになるので稼ぎ放題。そんな生活を送っている中で、出会った「大学の先輩」「バイトの先輩」または「大学の友達(タメ)」「バイト仲間(タメ)」。人生の夏休みといわれる大学で出会う人は、まるで偉大な人物かのようです。同じ学校・バイト
なんだから出会って当然なのです。バイトで稼いだお金で、グッチなど、今まで手が届かなかったとされるブランド物をプレゼント。それをTwitterに載せて満足しているのです。車を持つ人も増えていくので、ドライブなり旅行を楽しむ。そしてみんな1回は行くであろうハワイとスノボー。大学2.3年では、大人になってきたかのように、彼氏の誕生日サプライズで高そうなレストランに行ってみたりしてるけど、結局やっていることは自己満足にしか見えません。そして早い人は同棲を始めたりするのです。2つ並んだお茶碗・歯ブラシを写してアップするのです。4年生にもなれば、就活で別れるカップルが続出。別れた時は、この世の終わりのような落ち込みようです。「女子会」なるもので励まし合っているようにも見えますが、色々話を聞き出し、自分たちカップルは気を付けようと思っているのです。
女子大学生の恋愛は、はっきり言って自己満足だと思います。恋心は本当にあると思いますが、大人になった自分を実感しているだけなのです。コロコロ付き合うのは高校生くらいでおしまいと思っているので、とっかえひっかえ彼氏が変わることはありませんが、結局、自己満足なのです。